高音が裏声になる原因はコレだ!地声で高音を出すボイトレ方法を伝授!

スポンサードリンク



フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

 

質問者
高音を出そうとすると、裏声になってしまいます。
解決方法はありますか?
フィロ
勿論です!
ボイストレーニングをすれば解決できます!

高音が裏声になる原因は、

息が足りない

声量がない

声帯の筋肉が未発達

ヘッドボイスが出来ていない。

ということが挙げられます。

今回は改善するボイストレーニング方法をご紹介していきますね♪




高音が裏声になる原因その1.
【息が足りていない】

 

声の種類によって、息の量は大きく異なります。

 

低音は比較的使う息の量が少なく、逆に地声の高音になると息の量を沢山使います。

 

胸式呼吸、つまり普段の息のまま高音を歌うと声帯が上手く機能せず、息が足りずに裏声になってしまうのです。

 

曲によりますがAメロ、Bメロの曲は比較的音域も低いので胸式呼吸のままでも唄えますが、サビになると息が続かず声が張れなくなり、裏声になるということがあります。

 

中高年の女性がこの発声になりがちですね。

 

高音が裏声になる原因その2.
【声量がない】

 

息の量と付随しますが、声量がないと声を支えることが出来ず、裏声になってしまいます。

 

歌手がサビや高音域を歌う時に声量を上げていますよね。

 

あれは、声量がないと高音=ヘッドボイスが上手く出せないからなんです。

 

高音域を歌いこなす為には声量も大事です。

 

高音が裏声になる原因その3.
【高音の声帯が育っていない】

 

低音、中音は普段の会話で使う声の高さです。

 

なので日常的に出し慣れている音域です。

 

高音を女性はまだ使うことがありますが、男性はほとんど使わないですよね。

 

普段高音を全然使っていないのに、いきなり歌で使うのは難しいに決まっています。

 

サッカーをしたことがない人が、遠くにボールを蹴ろうとしても上手くいかないのと同じです。

 

ストレッチをして、まずは蹴り方を覚えて、何度も練習をしてコツを掴むことによりボールを上手に蹴る事ができます。

 

これと同じで、歌もストレッチをしてムダな身体の力を抜き、腹式呼吸を覚え、正しいフォームで発声練習をして声帯を鍛えることで、高音域が出るようになります。

 

高音が裏声になる原因その4.
【ヘッドボイスが出来ていない】

 

高音、裏声を出すと声がガラガラになる。出すと苦しい人は大体このパターンが多いです。

 

喉声という言い方をすることがよくありますが、声の響きが喉についてしまっていることにより、高音が出なくなっているケースです。

 

高音はヘッドボイスといって、頭頂部に声の響きが集まります。

 

喉の力を抜いてリラックスして、腹式呼吸で吸った息が声帯を通り頭頂部に響きが集まった時に、キレイな高音が出せるようになります。

フィロ
以上、この4つの原因をクリアにすることで、地声で高音が出るようになるのです。

では、ここからトレーニング方法をご紹介していきますね!

スポンサードリンク



腹式呼吸を覚えよう♪

 

腹式呼吸は歌の基本です。
シャンソンなどを除き、歌手は皆腹式呼吸を使っています。

 

歌手が腹式呼吸を使って一生懸命出している音域を、素人が胸式呼吸のまま唄うのは非常に難しいです。

 

腹式呼吸ができるようになると、歌うのが楽になって、高音も出るようになりますよ!

 

声量もアップして、ハリのある声を手に入れることも出来ます。

 

腹式呼吸のやり方はこちらの記事をご覧になってください

腹式呼吸のコツ&やり方&練習方法!歌が上達する♪【保存版】

リップロールをやろう!

 

リップロールはブルブルブル・・・、と唇を震わせるトレーニング方法です。

 

声帯に負担をかけずに筋肉を鍛えることができるので、歌手は勿論、アナウンサーや声優さんをはじめ、声を使った仕事をする人は必ずといっていいほど練習しています。

 

私も、リップロールで高音域の発声練習をしたり、歌を唄うようにしたら女性の曲も歌えるくらいまでキーが伸びました。

 

元々ソ【mid2G】までしか出なかったのですが、今はレ【hiD】まで余裕で出るようになりましたので、すごくおすすめです。

 

リップロールのやり方はこちらをご覧くださいね。

リップロールのやり方&コツ&練習方法!上手くできない人必見!

発声練習をしよう!

 

キレイな高音を出す為には、低音~高音までまんべんなく出せるようになる必要があります。

 

高音だけ練習していると声がか細くなり、迫力のない声になってしまいます。

 

バランス良く声帯を鍛えることで、抑用のある歌声を手に入れることが出来ます。

 

低音、中音、高音の出し方はそれぞれ違います。

 

低音は胸の前で響く声でチェストボイスといいます。

少しあごを引き、胸から声がまっすぐ前に出るように出します。

 

次に中音です。

中音はミドルボイスといい、鼻腔(眉間あたり)で声が響きます。

目と目の間から、放物線を描くような感じで声を出すのがポイントです。

 

高音はヘッドボイスといい、頭の上から声が出るイメージで天井に向かって声を出します。

 

フィロ
低音、中音、高音と繰り返し練習することで歌声も安定します。

基本は母音の「ア」を使って長めに声を出すといいですね。

腹式発声を身につけよう!

 

腹式発声の基本は、腹筋に力を入れて声を出すようにします。

 

高い地声を出す為には必要不可欠なトレーニングです。

 

まず、腹式呼吸で息を吸います。

その後に腹筋にグッと力を入れて、頭の上から声が出るイメージで、
「アーーーー」と伸ばす練習をしましょう。

 

その時に、喉や肩に力を入れないよう気をつけましょう。
少し低めの高音から、徐々に上げていくと無理なく出せるようになります。

唄いやすいキーの曲で練習しよう♪

 

キーが高すぎると、地声の限界を越えて裏声になってしまいます。

 

いきなりB,zの曲や、女性だとスーパーフライのような高い曲を練習しても、上手く出すのは非常に難しいです。

 

マラソンを走る時も、まずは3キロ、5キロ、10キロ・・、
と少しずつ距離を伸ばして、最終的には42.195キロを完走できるようにトレーニングをしますがそれと同じです。

 

まずは、歌いやすいキーの曲を選ぶか、キーを下げて唄うようにしましょう。

裏技を3つ紹介!

フィロ
私がレッスンで教えている裏技を3つご紹介しますね!

まず高音を歌う時は上を向きましょう♪

斜め上を見ることで喉が開き、声が出るようになります。

 

次に、マイクの中心をを口の前に来るように持ちましょう。

こんな感じで持つのがベストです↓↓↓↓↓

あごの位置をキープできます。

 

最後はサビや高音は笑顔で歌うように心がけてください。

大笑いする時は声が明るくなりますよね?

それを応用する為に笑顔で歌うと高音が出しやすくなります♪

まとめ

高音が裏声になる原因と解決方法まとめ!

裏声になる原因

1.息が足りない

2.声量がない

3.声帯の筋肉が未発達

4.ヘッドボイスが出来ていない

解決方法!

1.腹式呼吸を覚える

2.リップロールをする

3.発声練習をする

4.腹式発声を身につける

5.歌いやすいキーの曲で練習する

6.上を向き、笑顔で歌う

フィロ
練習すれば高音は出るようになります!

声帯を鍛えることで音域はドンドン伸びますよ!

是非、今回の記事を参考にボイストレーニング、頑張ってくださいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA