音域を広げる方法!高音~低音まで出し方、コツをご紹介!

スポンサードリンク



フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

カラオケで歌いたい曲があるけど、音域が狭くて歌えない、、

 

という貴方。

 

高音が単純に出ないのであれば、キーを下げればいいのですが、そうすると低音域が出しづらくなってしまいます。

 

このお悩みを解決する為に、ボイストレーニングをして音域を広げていきましょう!

 

今回は音域を広げる方法についてお話していきたいと思います!

ポイント!

声には大きく分けて低音、中音、高音の3種類があります。

それぞれの声を鍛えることで音域を伸ばすことが可能です!

腹式呼吸+リップロールを活用して声を出しやすくしてきます!




声には低音、中音、高音の3種類があります!

声には音色があります。

 

低い声はチェストボイスといい、胸のあたりで響く声です。

 

男性の普段の会話の声の高さですね。
声帯が太く、短くなります。

 

中音はミドルボイスと呼ばれる声で鼻腔を響かせて出します。

 

女性の普段の声の高さが大体この中音域です。

 

高音はヘッドボイスと言います。

頭のつむじ辺りで声が響きます。

声帯は細く長く伸びます。

 

この3種類の声と裏声を練習することで音域を伸ばす事ができます。

 

音域を伸ばす為には、低音域~高音共にバランス良く鍛えていく必要があります。

 

高い声を出そうと高音ばかり練習していては、か細く弱弱しい声になってしまいます。

 

逆に低音の練習しかしないと声は太くなりますが、高音が出づらくなります。

 

様々な声を均一に出せるようになる事で、音域が伸びて、素敵な声に変わります。

フィロ

では、ここからそれぞれの声の出し方、練習方法をご紹介していきたいと思います!

まずは腹式呼吸を使いこなそう!

腹式呼吸は息を吸うとお腹が膨らみ、息を吐くとお腹がへこんでいく呼吸のことです。

 

声は息で作られています。

 

腹式呼吸は息の量を増やすことができるので、マスターすると声がすごく出しやすくなります。

 

特に高音域は息を沢山使うので、音域を伸ばす為にも大事なトレーニングとなります。

 

練習方法はこちらの記事をご覧になってください。

腹式呼吸のコツ&やり方&練習方法!歌が上達する♪【保存版】

リップロールで声帯の筋肉をほぐしていこう!

リップロールは唇をブルブルブルブル・・・

と震わせる練習方法です。

 

声を出しながらやると声帯を鍛えることができます。

 

発声の準備運動に最適な練習方法でプロの歌手はもちろんのこと、アナウンサーやナレーターさんなど声を使った仕事をする人は皆さん練習していますね。

 

リップロールで低音、中音、高音を軽く出す練習をしておくと喉も傷めにくくなります。

 

私は低音~中音~高音と音を交互に繰り返して出す練習をすると声帯が温まり、声が出しやすくなるので暇があればやっています。

 

とてもおすすめです。

スポンサードリンク



低音のボイストレーニング!

それでは、低音の練習に入りましょう。

 

低音の音域を伸ばすのは難しいですが、正しいフォーム、出し方を練習すれば出しやすくなり、今まで出なかった音が出るようになります。

 

基本はキーボードを使って半音ずつ、単音で伸ばすようにしましょう。

 

低音を出す時にはあごを引き、胸から声がまっすぐ出るようなイメージで出すのがコツです。

 

徐々に低くしていくことで、喉の負担を減らすことが可能です。。

 

自分が出来る限界値まで毎回練習するのがポイントです。

 

筋肉トレーニングと同じで今出来る限界まで繰り返すことにより、音域を伸ばすことができます。

中音のボイストレーニング!

中音は、眉間辺りにある鼻腔を響かせて出します。

 

低音と高音の練習ばかりして、中音の練習をしないでいると声がこもってしまうのでここもしっかり練習しましょう。

 

中音は
男性はラ【mid2A】~ド【mid2C】

女性はレ【mid2D】~ファ【mid2F】
くらいの音を使います。

 

人それぞれ音域は違いますので、この範囲であれば自分の出しやすい音でOKです。

 

基本は目と目の間くらいから声が出るようなイメージで前に声を出します。

最初は短く、

アッ アッ アッ アッ!

とお腹に力を入れながら声を前に出します。

 

慣れてきたら、

アーーーーー

とロングトーンで息がなくなるまで声を出して、吐ききったら腹式呼吸で息を吸って、、、

を繰り返しましょう。

 

反復練習をすることで自然と腹式呼吸が身に付いてきます。

高音のボイストレーニング!

高音は頭のつむじ辺りに声が響きます。

 

これも低音と同じく、鍵盤を使って半音ずつ高い音を出せるようにトレーニングをしていきます。

 

高音を出す時のポイントは喉に力を入れないことです。

 

力むと、声の通りを喉がシャットダウンするので必ず力を入れずにリラックスした状態で行います。

 

男性は

ミ【midE】

女性は

ラ【hiA】
辺りから始めるのがおすすめです。

 

まずは、口を横に開きます。
笑顔を作るような感じで頬の筋肉も上に持ち上げます。
手を使ってOKです。

 

そこから、今度は頭の上から声が出るイメージで天井に向かって「ア」で声を出しましょう。

 

半音ずつ音を上げて、今できる限界音まで出すようにします。

 

繰り返し練習すると段々と声の響きが頭に集まるようになり、音域が伸びていきます。

フィロ
地声で高音域が伸びると歌える曲が一気に増えるので頑張りましょうね!

裏声のボイストレーニング!

地声で高い音を出すには限界があります。

 

地声で出ない音域まできたら、ここから先は裏声を使います。

 

裏声は歌の中でも使うテクニックなのでここで身につけておきましょう。

 

出し方は高音のヘッドボイスと同じく、声は頭の上から伸ばすようにします。

 

比較的出しやすい音から始めて、半音ずつできる所まで上げていきましょう。

 

裏声は息が漏れやすいので

「ル」で出すようにします。

 

力まず、リラックスしてやるのがポイントです!

まとめ

低音~高音、裏声までバランス良く発声を鍛えることで音域を広げることができます!

腹式呼吸で息の量を増やし、リップロールで声帯の筋肉を伸ばすとこで練習の効果がアップします。

フィロ
筋肉トレーニングと同じで繰り返すことで音域はドンドン伸びますよ!
カラオケも上達します!

ボイトレ、頑張りましょうね!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA