説得力のある声、話し方の出し方、練習方法!【ビジネスマン向け】

スポンサードリンク




フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

ビジネスマンの生徒さんは

「説得力のある声、話し方を身につけたい」

という目標を達成する為、レッスンに来られています。

 

私のレッスンを受けた方は経営者の方をはじめ、売り上げ、業績、営業成績を飛躍的に伸ばすことに成功しています。

 

フリーの方々も次々と仕事を獲得するようになりました。

 

 

説得力ある声、話し方は人を魅了します。

部下も信頼してついてきてくれます。

上司も安心して仕事を任せてくれます。

お客様も貴方を選んでくれるようになります。

 

それだけ、声、話し方は重要です。

 

今回は、説得力ある声、話し方の極意。

出し方、練習方法をご紹介していきたいと思います!

ポイント!

説得力のある声は、

低く、明瞭で、響きのある、ゆっくりとした話し方をマスターすることで身に付きます!

フィロ

練習方法まで公開しているので最後までご覧くださいね!




説得力のある声、話し方とは?

 

知的で好印象。

この人の話は納得できるし、信頼できる。

 

そんな話し方を身につけることが出来れば人生は成功します。

 

説得力のある声。

 

それは、低く、落ち着いていて声量があり、響きと太さがありゆっくりと話す声です。

 

低く、ハリのある声は聴いている人の心を掴みます。

 

声量があると強い印象を与えます。

 

響きと太さのある声は信頼感、安心感を抱きます。

 

ゆっくりと滑舌明瞭な話し方は分かりやすく、ずっと聞きたくなります。

 

それほど話し方、声は重要です。

 

特に部下を持つビジネスマン、経営者は必須のスキルとなります。

スポンサードリンク



フィロ
では、ここから説得力の声、話し方を身につける練習方法をご紹介していきたいと思います!

その1 腹式呼吸を身につけよう!

 

早口で、か細く高い声は信頼感を失います。

 

そんな話し方にならないようにする為にも、腹式呼吸を身につけることが重要です。

 

呼吸を深くすることで、横隔膜が下がりハリのある声を出す事ができます。

早口の人は呼吸が浅い人が多いので、ここで改善しましょう。

 

また呼吸を深くすることにより、声に厚みが出てきます。

声は呼吸の量で大きくも小さくもなります。

 

呼吸が深くなることにより、太く、しっかりとした声が出るようになります。

 

腹式呼吸のやり方を詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。

腹式呼吸のコツ&やり方&練習方法!歌が上達する♪【保存版】

その2 声を出す時に腹筋に力を入れよう!

 

声を出す時に腹筋に力をいれると響きのある声が出るようになります。

 

腹筋に力を入れて、

「ハイッ!!!」

と声を出してみましょう。

 

思った以上に大きく響きのある声が出ます。

 

腹筋の力が息の量を加速させ、強い声になります。

フィロ
常に会話の特に腹筋に力を入れる習慣をつけましょう!

そうすることで声が強く、ハッキリと出るようになりますよ!

発声練習で低音をマスター!

 

低い声はチェストボイスといい、胸で響く声です。

 

あばら骨の真ん中に手を当てて、低めの声を出すとビリビリと響きます。

 

出し方としては、象の鼻のように口からスタートして、斜め下に持っていき、胸の辺りからまっすぐ声を伸ばすようにすると出しやすくなります。

フィロ
何度も練習すると、声帯が強くなり低音がドンドン出るようになるので練習しましょうね!

低音の発声方法について、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください♪

カラオケで低音が出ない。を解決!コツ&出し方と練習方法♪

ゆっくり話す為に口を開けるトレーニングをやろう!

 

説得力ある話し方を身につける為に重要な要素として、

 

ゆっくり話す。

 

これがすごく大事です。

 

早口だと聞き取りづらく、安心感が薄れてしまいます。

 

ゆっくり話す為には口を大きく開けるようにしましょう。

フィロ
口が開いていないと、ボソボソと聞き取りづらい話し方になるので気を付けて下さいね。

練習方法は

イ・ウ・エ・オ・アと大きく開ける練習を繰り返すようにします。

 

イ エ ア は笑顔を作るように横に開きます。

 

ウ オ は唇を前につきだして柔軟性を高めていきましょう。

フィロ
これを一日10回やるだけでも口の筋肉はついてきます!

挨拶→文章を読む練習をして説得力を身につけよう!

フィロ
ここまできたら、後は応用トレーニングになります!

 

まずは最初に、挨拶練習からやりましょう。

 

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは。

 

この三つの挨拶を腹筋に力を入れて、低音でゆっくりと大きな声で読みます。

 

慣れてきたら、

 

おはようございます!本日はよろしくお願いします!

こんにちは!お元気でしょうか?

こんばんは!お待ちしておりました。

 

これを先ほどと同じように繰り返します。

 

 

最後に、文章を読んでいきましょう。

 

例文をお出しますね。

 

「おはようございます!
皆さん、先月は本当にお疲れ様でした。
一致団結できた結果、前月比20%売り上げをアップすることが出来ました。
今月は新商品の販売が始まります。できること精一杯やりつくし、結果を出せる頑張りましょう!」

 

この文章を上記と同じく腹式呼吸&腹筋を使いながら、ゆっくり大きな声で読む練習をしていきましょう。

 

フィロ
段々と慣れてきて、自然に読めるようになりますので頑張りましょうね!

まとめ

 

では、今回の記事のまとめです!

説得力のある声、話し方とは

低音でかつ明瞭で、ハリ、響きと声量がありゆっくりと話す事が大事です!

上記に記した腹式呼吸、腹式発声、発声練習の後、挨拶、短文読み、長文読みと練習することで身に付きます!

フィロ

しっかりと練習して、良い声を手に入れましょうね!!!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA