腹式呼吸を歌いながらやる方法!コツをご紹介♪

スポンサードリンク




フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

今回は、

ボイストレーニングで腹式呼吸を習ったけど、歌で上手く使いこなせない。。

腹式呼吸を覚えたけど、どこで使えばいいのか分からない。

歌がちっともうまくなりましぇん!

というアナタの為に、腹式呼吸を歌いながら上手く使う方法をご紹介したいと思います!

注意点

今回の記事は腹式呼吸の練習をしたことがある人向けの記事となっています。

フィロ

ポイントは4つ!

1.歌のフレーズの前で吸うこと。

2.鼻だけではなく、口も使いましょう♪

3.フレーズの長さに合わせて息の量を変えること

4.歌う時はお腹に力を入れる。それ以外は腹筋の力を抜くことでリラックスして歌えるようになりますよ♪




腹式呼吸を使うメリット

 

歌う時になぜ腹式呼吸を使うのか?

ここを理解しておきましょう。

 

普段、日常生活をする上でほとんどの人は胸式呼吸、つまり胸に空気を入れる呼吸をしています。

 

個人差はありますが、

男性だと普段の声の高さは

低音~中音

 

女性だと

中音~低めの高音

を使っています。

 

歌の場合、サビは高音域を多様します。

 

高音域を出すときの声帯は細く、長く伸びて息を沢山必要とします。

 

なので胸式呼吸だと息が足りずに声が出ない、音が届かない。

と、歌いづらい状態になってしまうのです。

 

 

また、歌を唄う時は息を吸っていい場所、よくない場所があります。

かえるの歌を例にすると、

かえるのうたが 聞こえてくるよ

ここの

「かえるのうたが」というフレーズの途中で息を吸うと歌が切れてしまうので、

 

息を吸って良い場所は

「かえるのうたが」の前

「聞こえてくるよ」の前

ということになります。

 

最近の曲はフレーズが長い曲が多いので、そういった曲を歌う時は予め息を沢山吸う必要があります。

 

ここで、胸式呼吸だと息が続かず、上手く歌えない。

といったことが起きてしまうのです。

フィロ
ハリのある声や声量アップ、ビブラートなどのテクニックを使う上でも腹式呼吸は大事です!

腹式呼吸をしっかりとマスターしておくことが上達の近道ですよ♪

スポンサードリンク



腹式呼吸の使い方!1.歌のフレーズの前で息を吸いましょう。

 

プロの歌手の音源を聞いてもらうと分かりやすいのですが、歌い出しの前で息を吸っている音が聞こえます。

 

これと同じように、息は歌い出しの前で吸うと声がグンと出やすくなります。

声量が上がり、息が持つようになります。

 

息継ぎは息がなくなってから、ではなく息を最初に吸って余裕を作るのが大事なのです。

 

もちろん、ここで腹式呼吸を使ってくださいね。

フィロ
サビを歌う時は必須のテクニックですよ♪

 

 

その2.鼻ではなく口で腹式呼吸をするように!

 

ボイストレーニングのレッスンやヨガでは、鼻から息を吸う事を推奨されていますが、歌う時は口から息を吸った方が唄いやすくなります。

 

鼻から息を吸うと、口の渇きやウイルス感染を防ぐ効果があるのですが、お腹に空気が入るまでに時間がかかります。

 

口で「ハッ」と吸えば鼻で吸うより格段に早く息を吸う事ができるのです。

 

バラードやゆったりとしたリズムの曲を歌う時は鼻からでもいいですが、アップテンポの早い曲を歌う時は口から吸わないと息が追いつかないこともあります。

 

出来れば、口、鼻両方で吸えるが一番ですが難しい時は口だけでもOKです。

 

私のボイストレーニングレッスンでは、鼻から吸う腹式呼吸と口から吸う腹式呼吸の両方を行うようにしています。

フィロ

普段の日常生活は鼻から、歌う時や話す時は口から。

と分けて使えるようになりましょう!

その3.フレーズや曲の長さに合わせて息の量を調整できるようになりましょう。

 

もちろん曲によって難易度は様々ですが、基本はAメロよりサビの方が音域が高く、息の量が沢山必要になります。

 

なので、Aメロや短いフレーズの時は息を吸う量を抑えて、サビは沢山吸う。

 

といった形で使い切れる量が吸えるようになると格段に歌いやすくなります。

 

 

私は基本、

Aメロは60%

Bメロは80%

サビは100%

というバランスで息を吸うようにしています。

フィロ
曲によって多少の前後は勿論ありますが、息を上手く使いこなせるようになると歌うのが本当に楽になりますよ♪

 

その4.歌う時はお腹に力を入れる!それ以外はリラックスしよう

 

お腹から声を出す為には、腹筋の力を活用します。

 

グッと力を入れるようにすると、声が大きく出るようになります。

 

高音域も出しやすくなるのでドンドン腹筋を活用してほしいのですが、息を吸う時にお腹に力が入ったままだとお腹に空気が入りにくくなるので、息を吸う時には力を抜くようにしてみてください。

 

基本は声を出すときに腹筋に力を入れる。

それ以外は抜くようにするのがオススメです♪

 

フィロ
また、肩や首などにムダな力が入らないように気をつけてくださいね。

まとめ

今回のまとめです!
1.歌の前に息を吸うこと。

2.口で腹式呼吸をしましょう。

3.息の吸う量をコントロールすること。

4.唄う時に腹筋を使う。それ以外はお腹の力を抜いておくこと。

です!

フィロ
これで歌いながら腹式呼吸ができるようになります!

是非取り入れてみて下さいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA