腹式呼吸のコツ&やり方&練習方法!歌が上達する♪【保存版】

スポンサードリンク




フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

歌を唄う時は腹式呼吸を使いましょう!

 

お腹から声を出しましょう!

 

とよく聞きますが、

フィロ
やり方が分からない。

なんで腹式呼吸を使うといいの?

 

と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

 

私もボイストレーニングを受ける前はなんで腹式呼吸を使うのかよく分かっていませんでした。

 

しかし、今では腹式呼吸の大事さを身に染みて実感しています。

 

 

今回はなぜ腹式呼吸を使うのか?

そして、腹式呼吸のやり方や練習方法、歌への取り入れ方をお教えしたいと思います!

フィロ
腹式呼吸は歌の上達のみならず健康にもとても良いです!

高音が出るようになり、発声の安定につながりますよ!




腹式呼吸とは?

 

腹式呼吸は簡単にいうと横隔膜を下げ、息を沢山吸えるようにする呼吸のことです。

 

胸式呼吸と比べ、息の入る量が増えるのでその分沢山吐けるようになります。

 

 

声を作りだすのは息です。

 

息の量が多くなるとそれだけ声も大きくなるし、高音が出しやすくなります。

 

歌で使う息は普段の声の息の量と全然違います。

 

多くの人が

「カラオケで声が出ない、高音が出ない。」

と悩む原因の一つに普段の息の量のまま、つまり胸式呼吸のままで歌ってしまっている。
ということが挙げられます。

 

高音を使う時は声帯が細く、長く伸びるので息を沢山必要とします。

 

なので、高音がでないとお悩みの方は、腹式呼吸をマスターすることで解消される可能性が大いにあります。

 

また、腹式呼吸が普段から使えるようになると、リラックス効果や緊張緩和、代謝の活性化にもつながりますので美容、健康にも効果てきめんです。

 

普段の声が小さい方も、腹式呼吸に変えると声が大きくなります。

 

フィロ
良いことばかりですので、ここはしっかりとマスターしておきましょう!

 

腹式呼吸の練習方法! STEP1~寝そべってまずはお腹が動いていることを確認~

フィロ
では、ここから腹式呼吸の練習方法についてレクチャーしていきたいと思います!

室内で行うようにしてください。

 

では、最初に腹式呼吸がどんなものかを確認していきたいと思います。

 

まず、ベッドでも、布団の上でも床でもいいので天井を向いて、仰向けに寝そべってみてください。

 

で、身体に力を入れずリラックスした状態でお腹に手を当てて呼吸をしてみましょう。

 

スーッと口で息を吐いて、鼻で息を吸ってみて下さい。

 

 

お腹が動いていませんか?

そう、これが腹式呼吸です。

 

人は力を抜いて寝そべっている時、胸肩が邪魔をしないので腹式呼吸になります。

 

これを立った状態でも、できるようにしていきます。

腹式呼吸の練習方法! STEP2~立った状態で腹式呼吸をする~

フィロ
では、次に普段から腹式呼吸を身につける為、立った状態で腹式呼吸ができるように練習をしましょう!

正しい呼吸を身につける為には、姿勢、つまりフォームを整えます。

 

それでは、壁を背にしてかかと、お尻、背中の肩甲骨、頭をつけてみましょう。

 

これが良い姿勢となります。

 

フィロ
ここでキツイ人は姿勢が悪いということです!これを機に正しましょうね♪

 

姿勢をよくすると、腹筋、背筋が鍛えられるので筋肉量が増え、声も出しやすくなります。

 

特に唄う時は腹筋の力を使うので、姿勢をよくすると声量&高音アップにつながります。

 

その姿勢をキープしながら壁から離れましょう。

3歩ほど前に進んでもらえればOKです。

フィロ
姿勢が崩れないよう気をつけてくださいね!

 

そのままスーッと音を立てながら息を吐きましょう。

 

ポイントは強く出す事です。

 

今回は歌声で使う腹式呼吸の練習なので、強く吐いて腹筋の力を活用していきます。
※ヨガなどで行う腹式呼吸とは若干やり方が違う旨、ご了承ください。

 

息がなくなるまで全部吐きます。

 

腹筋がプルプルするくらいで丁度良いです。

フィロ
このプルプル感が腹式発声を作りますので頑張りましょう!

 

息を全部吐ききったら、一旦止めます。

 

その時に腹筋、肩の力をゆるめて鼻からゆっくりと息を吸います。

 

おへその下辺りまで空気を送るように気をつけて吸ってください。

ポイント!

息を吐ききる時に、身体が前のめりになりやすいのでしっかりと姿勢をキープしましょう。

また、吸う時に胸と肩が上がると胸式呼吸になってしまうので、鏡を見て自分のカラダの動きをチェックするようにしてみてください。

最初は中々息が深く吸えないと思います。

 

これは、横隔膜がまだ下がりきれていないからです。

 

回数を増やすことにより、段々と息が深く吸えるようになります。

 

コツを掴むまではこれを1日10回は繰り返すようにしてください。

 

毎日やると、息の吐く量、吸える量がドンドン増えていきますよ!
スポンサードリンク



腹式呼吸の練習方法! STEP3~鼻からだけでなく、口から吸う練習もやってみよう!~

 

「腹式呼吸を習っているけど、歌で中々応用できない。」

という人が結構います。

 

この理由の一つに、

 

鼻からの腹式呼吸しか練習をしていない。

 

といったことが挙げられます。

 

歌や普段の会話で腹式呼吸を使う為には、口から吸う方法も学ばないといけません。

 

鼻で吸うとお腹に空気が入るまでに時間がかかります。

 

テンポの速い曲だと息がしっかり吸えないんですね。

 

歌手のCD音源でも息継ぎの時に息を吸っている音がしますが、あれは口から吸っています。

歌手が使っているテクニックなので、マネしないのは勿体ないですよね。

 

口から吸う練習もしておかないと、いざやろうと思った時に鼻からと若干やり方が異なるので胸式呼吸になってしまうことがよくあります。

こちらもしっかりマスターしておきましょう。

 

練習方法は先ほどのSTEP2と息を吐く所までは、ほぼ同様です。

 

吸う時に、口を丸く開けて息を「ハッ」とのみ込むように口を空けます。

スーッ、と吐いてハッと吸う。

フィロ
結構逆になる方が多いのでお気をつけくださいね。

これでお腹が膨らむようになれば、歌の中に取り入れやすくなりますよ!

 

ただ、気をつけるポイントがあります。

 

鼻から吸う腹式呼吸はウイルスをろ過する効果があります。
口の渇きも防ぐので普段は鼻呼吸をしてください。

 

フィロ
普段の日常生活や寝る時は鼻から。
唄う時やスピーチをする時は口から。

と状況に合わせて使い分けられるようになりましょう!

歌やスピーチで腹式呼吸を上手に使いこなす方法&コツ!

フィロ
ここまで、腹式呼吸の練習をしてきましたが、今度は上手に腹式呼吸を使いこなす方法、腹式発声に変える方法をご紹介していきますね!

 

歌の時は歌い出しの前。

 

スピーチも同様で、話をする前に息を吸ってお腹に空気を送り込むクセをつけていきましょう。

 

例えば、

歌詞で
「愛している あなたのことを」

という歌があったとします。

 

「愛している」の前で息を吸ってお腹に空気を送り込んでおくと、楽に声が出ます。

 

これは、私が実際にレッスンで行っている方法なのですが、皆さん本当によく声が出るようになり、ビックリされますね。

 

特に、歌の場合は普段の会話と比べて息を沢山使うので、事前に多く入れておくことで無理なく唄えるようになりますよ!

 

後は声量を上げたい時、サビの高音部分を歌う時に腹筋にグッと力を入れて下さい。

 

そうすることにより、お腹に入った空気に圧がかかり、力強い声が出るようになり、高音が出やすくなります!

 

これが、
「お腹から声を出す」
ということです。

 

スピーチの時も同様で、ハリのある説得力のある声を出したい時にお腹に力を入れて話す、よく声が出るようになるので是非活用してくださいね♪

まとめ

 

最後に、今回の記事のまとめです!

大事なポイント

腹式呼吸は発声のみならず、健康にも良い。

練習方法

STEP1.まずは寝そべって腹式呼吸を体感する。

STEP2.姿勢を正し、口で吐き鼻で吸って腹式呼吸を身につける。

STEP3.口からも吸えるようになり、歌、会話につなげていく。

唄い出し、会話の前に息を吸って腹式発声に変えていく。

お腹に力を入れる事で、声量アップ&高音安定。

ハリのある、説得力のある声が手に入る。

フィロ
最初は中々難しいですが、慣れると自然とできるようになりますよ!

大事なのは継続です。

1日10分くらい欠かさず練習すればマスターできます。

一生もののスキルなので、是非身につけてくださいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA