歌のロングトーンが続かない理由と練習方法を大公開!

スポンサードリンク



フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

 

歌手の皆さんは本当に気持ちよさそうにロングトーンを出していますが、

あれはかなり高度なテクニックです。

 

最近の歌は高音でフレーズが長い曲が多い為、ロングトーンが持たない。
続かない。声がかすれてしまう。

 

という方も多いと思います。

 

今回は、ロングトーンが続かない理由と練習方法、改善策をまとめましたのでご覧ください!

フィロ
ロングトーンが続かない理由は、

1.息が足りない。2.腹式呼吸が出来ていない。3.声の出し方が悪い。
ということが挙げられます。

改善&練習方法は

1.フレーズの前にブレスをする 2.腹式呼吸をマスター 3.ロングトーンは単音でしっかり伸ばすように練習する。

最後に裏技をご紹介していますので、最後までご覧くださいね♪




ロングトーンが続かない理由

 

ロングトーンが上手くできないのには様々理由があります。

 

まず一つ目はそもそもの息の量が足りていない。
ということが挙げられます。

 

歌でロングトーンを使う所は主に語尾になります。

 

サビの最後に使う時はそもそもの音域が高い為、息を沢山使います、

 

なので、最後まで息が持たず途中で声が出なくなる。
といったことが起きてしまうのです。

 

これは、歌で使う体力を鍛えていく必要があります。

 

初心者がいきなりフルマラソンを走れないのと同じで、歌も一曲をフルで唄える体力をつける必要があります。

 

 

次に、腹式呼吸ができていないとロングトーンを最後までキレイに歌い続けるのは中々難しいです。

 

胸式呼吸と比べて、息の量が格段に増えるので、息の持ち方が全然変わってきます。

息が持たない人はまずは呼吸の仕方を変えましょう。

 

最後に発声のやり方が悪く、ロングトーンが続かないケースについてお話します。

 

声が割れたり、かすれる人がここに該当するのですが、声が喉の方に響いてしまっている為、キレイに声が出ずに聞き苦しい声になってしまうのです。

 

響きの場所が悪いと、喉を傷めてしまったり、せっかくの良い声も荒い歌い方になるのでここは修正していきましょう。

フィロ
では、ここから改善する方法と練習方法についてご紹介してきますね!

ロングトーンが続くようになる改善方法

 

キレイなロングトーンを出す為には、腹式呼吸が必要不可欠です。

 

まずは、腹式呼吸をしっかりと練習して歌に取り入れていきましょう。

 

腹式呼吸の練習方法はこちらを参照してください。

腹式呼吸のコツ&やり方&練習方法!歌が上達する♪【保存版】

もう一つ大事なことをお話します。

歌う前に必ず息を吸いましょう。

 

例えば、

「いつまでも君のことを忘れないー」

と最後の「ー」の所でロングトーンを使う曲があったとします。

 

ポイントは

「いつまでも」

を歌う前に腹式呼吸で息を沢山吸うようにすることです。

 

水に潜る前にも息を沢山吸いますよね?

 

それと同じで唄う前に息を沢山吸っておくと、その分声が持つようになります。

フィロ
プロの歌手もサビや高音域を使う前には息を沢山吸っています。
吸う音が聞こえるので、参考にしてみてください。
スポンサードリンク



ロングトーンの練習方法

フィロ
次に、声がかすれる方、割れてしまう方の為にロングトーンの練習方法をご紹介しますね!

ロングトーンの練習方法には単音を使います。

 

キーボードまたはスマホのアプリで鍵盤をダウンロードして音を出せる環境を作りましょう。

 

これは男性、女性でキーが違うので細かく説明していきますね。

 

ロングトーンは中音、高音共に歌で使うので両方練習していきます。

 

男性の中音は、声が比較的低い人は「ソ lowG」、高めの人は「ド mid1C」

女性で声が低い人は「ド mid1C」高い人は「ミ mid1E」
を使います。

 

中音域は、鼻腔を響かせて響きのポジションをキープするのが重要です。

 

鼻腔は顔の眉間辺りにあります。

 

ハミング(鼻歌)で上記中音の音域を鍵盤で叩きながら声を出してみましょう。

 

眉間辺りに響きがあれば正解です。

 

声は響いている所から出すようなイメージをすると声が出しやすくなります。

 

中音息は口をあくびをするように大きく開いて、目と目の間くらいから声が出ているイメージで放物線を描くように声を出していきましょう。

 

息がなくなるまで声を出して、また腹式呼吸で息を吸って、、

を繰り返します。

これを1日10回、毎日継続すると段々と息も持つようになりますよ。

フィロ
注意するポイントです。

喉が痛くなった時は出し方が良くない可能性が高いので、力を入れずリラックスした状態で再度行うようにしてください。

では、次に高音の練習です。

 

高音は比較的声の低い男性は「レ mid1D」高い人は「ファ mid1F」

女性で声の低い人は「ファ mid1F」高い人は「ラ mid2A」

を使います。

 

高音はヘッドボイスといって頭頂部、つむじ辺りで声が響きます。

 

なので、出す時は頭の上から声が糸で引っ張られるような感じで、天井に向かって声を出すようにします。口は笑顔を作るように口角を上げると出しやすいです。

 

これも中音を同じく、息がなくなるまで声を出して、なくなったら腹式呼吸で息を吸って、、

を繰り返し練習します。

フィロ
中音と同じく、1日10回を繰り返すと息が持つようになり、ロングトーンでも息が持つようになりますよ!

裏技

 

では、練習はちょっと面倒くさい。(笑)というアナタの為に裏技を紹介します。

 

どうしても息が持たないという人は声量を少し落としてみましょう!

 

声を大きく歌うと、それだけ息がすぐなくなってしまいます。

 

声量を落とすことにより、息を節約できるので最後まで息が持つようになります。

フィロ
私もアニソンやボーカロイドの曲を歌う時は、声量を抑えて息をコントロールして歌っていますのでおすすめです!

まとめ

 

最後に、今回の記事をまとめました!

ロングトーン対策

ロングトーンが続かない理由

1.息が足りない。2.腹式呼吸が出来ていない。3.声の出し方が悪い。

改善方法

1.フレーズの前にブレスをする 2.腹式呼吸をマスター

練習方法

1.ロングトーンは単音でしっかり伸ばすように練習する。2.中音、高音共に行うようにする。

裏技

声量を抑えて最後まで息を持たせるようにする!

フィロ

今回紹介した腹式呼吸とロングトーン練習をすれば、息がしっかり持つようになるので是非チャレンジしてみてくださいね!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA