リップロールのやり方&コツ&練習方法!上手くできない人必見!

スポンサードリンク



フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

発声練習、ボイストレーニングを行う上で非常に有効な練習であるリップロール

 

なぜリップロールを行うと良いのか。

 

また、リップロールのやり方、練習方法、上手くできない人の為にコツをお教えしたいと思います!

ポイント!

リップロールはスポーツでいうストレッチと筋肉トレーニングを兼ね備えた練習方法です!

プロの歌手も皆さん練習していますので、ここはキチンとマスターしておきましょう。

手を使うことで上手くできるようになりますよ♪

フィロ
私もリップロールの練習を増やしてから発声の安定感、高音域を伸ばすことができました!

ではここから詳しく説明していきますね♪




リップロールとは?なんで発声に良いの?

 

リップロールとは簡単にいうと、唇を前に突き出して息を吹きかけながら、
ブルブルブルブル・・・、と唇を震わせる練習です。

 

リップロールは唇と声帯のマッサージ運動を兼ね備えています。

 

声を出しながら行うと、声帯に負担をかけずに発声練習ができるので、唄う前にやっておくと声の伸びが全然違ってきます。

フィロ
プロの歌手はもちろんですが、アナウンサーや声優さんをはじめ声を使った仕事をする人もみなさんリップロール練習をしています。

 

私もリップロールで音階練習をしていますが、地声の最高音域がラ「hi A」→ミ「hi E」まで伸ばす事ができました。

 

無理に出して喉を傷めることもありませんし、長く吐けるようになると声の安定感が増し、腹式発声も身体に定着するようになっていきます。

 

大きな音を出す事もありませんので、家の中でも気軽に練習できるのもポイントです。

 

まずは正しいやり方をマスターして練習メニューに取り入れていきましょう♪

 

リップロールのやり方

 

まずは、アヒル口のような形で唇を少し突き出してください。

 

そして、唇の中心に息を吹きかけます。

 

その時に上唇と下唇が離れないように気をつけてブルブルブル・・・と震わせるようにします。

 

唇が震えればリップロールは出来ていますよ。

 

次に、今度は音を出します。

 

最初は普段出している声の高さくらいでいいので、ハミングをするように声を出すのがポイントです。

 

音が出たら、今度は低音~高音と、自分が出せる限界まで音の高さを変えていきます。

フィロ
これを何回かやるだけで声はすごく出しやすくなりますよ!

カラオケ、歌う前にやるかやらないかで声の出が全然変わりますので是非お試しください♪

リップロールが上手く出来ないアナタへ。コツを伝授!

 

リップロールを練習しているけど、中々上手くできない。というアナタの為にその原因とコツをご紹介していきます。

 

顔、唇に力を入れないようにしましょう。

力みが入っていると上手く震えません。
余分な力を抜いてリラックスして行うのが大事です。

 

次に、吐く息が足りないと唇が上手く動いてくれません。

程よく息を吐き続けてみてください。

 

同様に、息を強く吐きすぎても呼吸が乱れてしまうので気をつけましょう。

美味しいステーキ牛に塩をかけすぎると台無しになるのと同じく、

丁度よい=バランスが大事です。

 

それでも中々震えない、という方は口角が下がっている、または左右の口の高さがずれている、という可能性があります。

 

そんな時は鏡を見ながら、手を使ってほっぺたの筋肉を上に持ち上げて、左右の口角を同じ高さに揃えます。

 

笑顔の形になっていればOKです。

フィロ
私の生徒さんも最初は上手くできない人が多いですが、手を使うと上手くできるようになります。

唇は震えていれば問題ありませんので、最初は手を使いながら練習してみてください!

スポンサードリンク



リップロールの効果的な練習方法

フィロ
それでは、リップロールの効果的な練習方法についてご紹介していきますね!
その1.リップロールで息を吐き続けてみよう!

 

リップロールを長く続けることにより、発声の安定、腹式呼吸の定着、ロングトーン練習ができます。

リップロールをやり続けると、息がなくなる時にお腹がきつくなりますが、これは腹式発声を鍛えることにつながります。

フィロ
つまり声の筋トレをしていることになります!

また、声を出しながら行うとロングトーン練習になるので、私もレッスンの時には必ずリップロールでどのくらい長く続くかチェックしています。

 

20秒くらい吐ければ、ある程度長いフレーズでも息が保てるので、まずは20秒を目標に練習をしてみてください。

フィロ
私の生徒さんで長い方は60秒くらいいきますよ!
その2.リップロールで課題曲・練習曲を唄ってみよう!

 

リップロールで歌の練習をすると無駄な力みを減らし、リラックスして歌えるようになります。

フィロ
ハミングのような感じで唄うのがポイントです!

 

私も、女性曲をリップロールで唄う練習を繰り返して音域を伸ばしました。

 

一曲いきなりやるのは難しいので、サビだけやる。などフレーズ毎に分けてやるのもアリです。

フィロ
最初は唄いやすい音域の曲から、徐々に難しい曲にチャレンジするのがおすすめですね!

まとめ!

では、今回のまとめです!

リップロールは発声にとっても良い!

歌う前の準備運動&声帯の筋トレ&腹式発声の強化にも繋がります。

息の量のコントロールをすること、最初は手でほっぺたを持ちあげながらするとやりやすいです。

リップロールで息を長く続かせる練習&リップロールで唄う練習をすると歌が上達します!

フィロ

リップロールはいくらやっても大丈夫です!

有名歌手も一日中練習するくらいなので、是非沢山練習してキレイな歌声を身につけてくださいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA