ボーカルの練習方法8選!これをやればぐんぐん上達する!

スポンサードリンク



フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

これからボーカルをやる。または、ボーカリストをしていて中々上達しないなー。

 

という貴方の為に、ボーカルの練習方法をまとめました!

 

フィロ
全部で8項目あります!




ボーカルの練習方法その1.
ボイストレーニングをする

 

ボーカルは身体が楽器です。
声そのものを鍛えて磨いていく必要があります。

 

声を鍛えることで声量や声の響き、音域を伸ばす事ができます。

 

ビブラートやフェイクなどのテクニックも身につけることが可能となります。

フィロ
独学でやるよりも、ボイストレーニングスクールに通った方が間違いなく上達が早く、ムダな時間を省くことができます。

難しい場合は腹式呼吸やリップロール、発声練習といった基礎メニューは毎日するようにしましょう!

ボーカルの練習方法その2.
耳をよくする為にも原曲を完璧にコピーしよう!

 

音程をよくする為、そして細かい音程も正確に聞き分けられるようになる為にも、原曲を何度も聴き、ボーカルの音を正確に覚えるようにしましょう。

 

譜面を観るのも大事ですが、一番いいのは耳コピです。

 

何度も何度も繰り返し聴くことにより、耳が鍛えられ音感が良くなります。

 

たまに適当に原曲を聴いた状態で歌う人がいますが、音程が不安定になるのでこれは良くありません。

 

フェイクの音まできちんと覚えるクセをつけていきましょう。

ボーカルの練習方法その3.
楽器の音も聴き分けられるようになろう!

 

ボーカルの音程が正確に取れるようになったら、今度は楽器の音も聴き分けられるようになりましょう。

 

ギター、ベース、キーボード、ドラムの音を良く聞いてそれぞれのパートの構成を掴んでおくと曲の構成がつかめるようになります。

 

曲は1番、2番、Dメロ、ラストサビで演奏が大きく変わっていきます。

 

演奏に合わせて、歌い方に変化をつけられるボーカルがいるバンドは人気が高いです。

ボーカルの練習方法その4.
歌詞は練習の時から全て覚えるようにしよう!

 

私はバンドメンバーとスタジオに入る前に、練習曲の全ての歌詞を覚えるようにしています。

 

歌詞を覚えていると歌に集中できますし、気持ちが込められます。

 

早い段階で覚えておくことで、他の練習に時間を割くことができるのでおすすめです。

ボーカルの練習方法その5.
リズムを身体で表現できるようになろう!

 

上手いボーカリストは踊るように歌います。

 

リズム感は努力で鍛えることができます。

 

まずは、定番の4分の4拍子から始めて、身体でリズムを刻めるように身体を動かしていきましょう。

 

慣れたら、R&Bやワルツ、サンバといった様々なジャンルに挑戦して、どんな曲でも歌えるようにしていきます。

 

リズム感はボーカリストにとって大事なスキルの一つです。

ボーカルの練習方法その6.
プロのアーティストのライブを観て勉強しよう!

 

私も今でも、月に1回はプロのアーティストのライブを観に行き、勉強するようにしています。

 

生のライブを観ることでステージングや感情の込め方、ライブの盛り上げ方など沢山のことを学ぶことが出来ます。

 

ライブに行くのが難しい場合は、動画でも良いです。

 

インターネット環境があれば、Youtubeでいつでもライブ映像を観ることが可能です。

フィロ
目標とするアーティストの歌い方、表情、ステージングを研究して自分の物にしていきましょう!

スポンサードリンク



ボーカルの練習方法その7.
楽器の練習をしよう!

 

できれば、キーボード、ギターは一通り弾けるようになりましょう。

 

楽器ができれば音感、リズム感のレベルアップにつながりますし、キーボードかギターが弾ければ自分一人でもライブが出来ます。

 

私も過去、バンドボーカルから音楽をスタートして、後にギター弾き語りのシンガーソングライターになりました。

 

作曲もできるようになるし、音楽の幅が広がります。

ボーカルの練習方法その8.
イメージトレーニングをしよう!

 

ライブが大盛り上がりするイメージや、バンドが有名になって人気になっていくような妄想を沢山しましょう。

 

人は思い描いたことが現実になります。

フィロ
ワクワクするような目標を立てて行動していけば、夢は叶いますよ!

まとめ

ボーカルの練習8選!
1.ボイストレーニングをする
2.原曲を完璧にコピーする
3.楽器の音も聴き分けられるように音源を聴く
4.歌詞を覚える
5.リズム感を鍛える
6.ライブを観に行く&ライブ映像を観る
7.楽器(キーボード、ギター)の練習をする
8.イメージトレーニングをする
フィロ
以上、ボーカルの練習8選でした!

どれも大事なことなので、是非取り入れてみてくださいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA