ボイトレで高音が出るようになった男性の体験談!講師が語る!

スポンサードリンク



フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

高音を出したいという目的でボイトレを習う生徒さんはすごく多いです。

 

最近の曲の音域は本当に高いですからね。

 

今回は、ボイトレを受けて高音がすごく出るようになった私の生徒・Tさん(男性)のお話をしたいと思います!

ポイント!

Tさんは最高音がソ#(mid2G#)→レ(hiD)まで伸びました!

大好きなラルクアンシェルも楽々と歌えるようになりましたよ♪




Tさんの紹介

フィロ
まずはTさんの紹介をしますね。

 

Tさんは、普段はSEとして会社員で働いている30代半ばの男性です。

 

クールでかっこいい方です。

 

歌が大好きだけど、高音が出ずに喉を締めて歌うくせが取れないのを治したい、という目的でボイストレーニングに通うことになりました。

 

Tさん、元々の地声はそこまで高くないのですが、好きな歌手がラルクアンシェル、ミスチルと高音を使いこなす男性アーティストばかりで

「好きな曲を原曲で歌いたいんです」

と話してくれました。

 

私は、地声の高音を伸ばすのが得意なのでお任せください!と伝えました。

Tさんの最初の頃の歌声

 

まずは、Tさんの歌声を聴きました。

最初にミスチルのHANABIを歌ってもらったのですが、喉にすごく力が入るタイプで一曲歌い終わると声がガラガラになっていました。

最高音も届いていなかったですね。

 

音域を測ると地声の最高音はソ#(mid2G#)でした。

 

ラルクアンシェル、ミスチルを楽々と歌いこなす為にはシ(hiB)、ド(hiC)までは伸ばしたい所です。

 

そこから、私とTさんの猛特訓が始まりました。

高音を伸ばしたボイストレーニング

フィロ
Tさんへのボイストレーニングは基本、腹式呼吸、リップロール、発声の基礎を徹底しました!

 

腹式呼吸で息の量を増やさないと、高音域の曲を歌いこなすのは難しいです。

 

腹式呼吸が慣れてきたら腹圧をかけ、ハリのある地声を出すトレーニングを繰り返し行いました。

 

次に、リップロールで持久力、音域を伸ばす練習です。

 

リップロールでどのくらい続くか毎回時間を測り、持久力をつけるトレーニングをした所、1分弱まで続くようになりました。

 

その後に3度音階(ドレミレドで半音ずつ上げる練習)で力まずに声帯を伸ばすようにしていきました。

 

発声練習では、まずは比較的出しやすい低音、中音、高音を単音のロングトーンで伸ばす練習をします。

 

次に、喉の力を抜いて歌えるように3度音階でマママママ・・・とマを使って小さめの音で力まずに声を出せる感覚を掴んでもらいました。

 

力みがなくなったタイミングで声量を上げて3度音階を繰り返し、発声を強くしていきました。

 

私のトレーニングは基本、反復練習を繰り返します。

 

野球の素振りと同じく、正しいフォームを繰り返していくことで基礎が身に付き、歌声が変わっていきます。

フィロ
3年間、コツコツと頑張ってきた結果、レ(hiD)まで伸ばすことが出来ました!

スポンサードリンク



Tさんへの課題曲

 

Tさんはソ(mid2G)より高い音が出ると喉が締まるクセがあったので、まずは最高音がソの
レミオロメンの3月9日から練習しました。

 

3カ月くらいで力みが入らず歌えるようになったので、

 

次にクリスハートの楓(スピッツのカバー)

 

ミスチルのHANABI→エソラ→sign→innocent world

 

それから、ラルクアンシェルのflower→STAY AWAY→winter fall→NEO UNIVERSE→New World

と徐々に難しい曲にチャレンジしました。

 

高音を伸ばすには、無理のない曲から徐々にキーを上げていくようにするのがおすすめです。

フィロ
Tさんはこの戦法で、最高音がド#(hiC#)のNew Worldが無理なく歌えるようになりました!

まとめ

ボイトレで高音を伸ばしたTさん

最高音がソ#(mid2G#)→レ(hiD)まで伸ばすことに成功!

腹式呼吸→リップロール→発声の基礎を繰り返すことで身に付きました。

歌いやすい音域の曲からチャレンジして、キーを上げていきました!

フィロ
Tさんが音域を伸ばせたのは、努力と月4回、毎週きちんとレッスンに通ってくれたことが大きかったですね!

高音はボイストレーニングで伸ばすことができます!

伸び悩んでいるのなら、是非ボイトレにチャレンジしてみてくださいね!!!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA