ボイトレすれば高音は伸びる!簡単に出せる裏技を公開!

スポンサードリンク



フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

最近の曲のキーは本当に高いです。

 

現役のボイストレーナーでも出すのが一苦労する曲が沢山あります。

 

私の生徒さんでも高音を出したい!という目的、目標を持って来られる方が本当に多いです。

 

高音が出ない。という生徒さんの歌声を聞くと、出し方が皆さん非常に勿体ないんです。

 

高音を出すにはコツがあります。

 

それを知ることにより、一気に上達される方もいっぱいいます。

 

今回は、高音を出せるようになる出し方&裏技をご紹介していきたいと思います!

ポイント!
高音はヘッドボイスといって、頭の上から声が抜けるように出すのがコツです!

姿勢を良くして、喉を中心に上半身の筋肉をリラックスさせましょう。

必ず腹式呼吸を使うようにします。

出し方が分かると高音はドンドン伸びるようになります!

裏技はヒザを使います!

フィロ
正しい高音が出せるようになると最高に気持ちがいいです!

では、ここから詳しく説明してきますね!




高音のメカニズム

高音は頭の上で響く声なので、ヘッドボイスといいます。

 

歌を上達させる為には、正しい発声法を身につけることが必要となります。

 

声には大きく分けて3種類の音色があります。

 

まずはチェストボイス。

低音のことを言います。
声を出すと胸のあたりが響きます。
Aメロの始まりや歌の中で低い音を出す時に使う声です。

男性の普段の会話で使われる音域です。

 

次にミドルボイス。

中音のことを言います。
高くもなく、低くもなく比較的出しやすい音域です。

最近のJPOPSは基本、中音と高音を使います。

よく声が通る声は基本中音域で会話をしています。

 

そしてヘッドボイス、高音です。

歌の中のサビの高い音域で使います。

頭頂部辺りで声が響きます。

フィロ
上手く響かせられるようになると、高音はドンドン伸びて歌うのがとても楽しくなりますよ!
それではここから大事なポイントをお話してきます。

高音ボイトレ まずはフォームを整えよう!

高音を出す為には、まずはフォームを正していく必要があります。

 

基本は正しい姿勢を作ります。

 

壁を背にして、かかと、お尻、背中、頭をつけます。

 

その姿勢を必ずキープしましょう。

 

息の通りがスムーズになり、歌いやすくなります。

フィロ
前のめりになると、腹筋に力が入りにくくなり、声のハリが減ってしまいます。姿勢は常に気をつけましょう。

高音を出す時には、腹筋以外はリラックスさせよう♪

高音が出ない人は首、喉、肩に力が入っていることが多いです。

 

特に首、肩に力が入るとそこで息の流れが遮断され苦しいそうな声になり、ヘッドボイスが出来なくなってしまいます。

 

腹筋は声のハリを作るのに使いますが、あばら骨から上の筋肉は力を抜いてとにかくリラックスして歌いましょう。

 

プロの歌手は高い音域も気持ち良さそうに歌いますよね?

フィロ
ムダな力が入らないと高音はすごく出しやすくなりますよ!
レッスン中に私は温泉に入っている気分でリラックスして声を出しましょう♪

スポンサードリンク



腹式呼吸を使って息の量を増やしていこう!

高音が出ない方の理由の一つに、息が足りていない。

つまり、普段の呼吸のまま歌っている。

ということが挙げられます。

 

日常生活では大多数の方が胸式呼吸を使っています。

 

胸式呼吸は会話をするだけならまだいいのですが、歌う時にはあまり向いていません。

 

高音域を出す時には、声帯が細く長く伸びるので息を沢山使います。

 

腹式呼吸を使わないと息が足りずに声が出なくなってしまうのです。

 

プロが皆腹式呼吸を使って歌っています。

 

これを機に腹式呼吸をマスターしましょう!

腹式呼吸練習方法はこちらの記事をご覧ください。

腹式呼吸のコツ&やり方&練習方法!歌が上達する♪【保存版】

高音のボイストレーニング方法

姿勢を良くして、喉を中心にリラックス。腹式呼吸が出来たらいよいよ発声に入ります。

 

高音を出す時には、頭の上から声を出すように意識します。

 

まず、腹式呼吸で息を吸っておきます。

 

息が吸えたら
口は横に広げましょう。

 

大笑いすると高い声が出ますよね?

 

それを応用して大きく横に口を開きます。

 

上の歯、下の歯両方見えるようにするといいですね。

 

そして、今度は頭のつむじ辺りから声が出るイメージで「ア」で上に声を出します。

 

男性はレ【mid2D】、女性はソ【mid2G】辺りから始めて、徐々に音程を上げていきましょう。

最初は短く、

「アッ、アッ、アッ、アッ、アッ」

 

慣れてきたら今度はロングトーンで、

「アー」

と伸ばしていきます。

 

繰り返していくと、段々と頭に声が響くようになっていきます。

フィロ
最初は、低めの高音から少しずつ音程を上げて練習しましょう!

高音を出す裏技!

フィロ
ここで高音を出す裏技を一つご紹介しますね!

ヒザを使います。

 

上半身はそのまま良い姿勢をキープして、ヒザを前に曲げます。

 

いける所まで前に出しましょう。

 

そうすると、少しお腹に力が入りますよね。

 

丹田というおへその下にあるツボが圧縮されるので声に厚みが混じり、高音が出やすくなります!

 

サビを歌う時にしゃがんだり、少し前のめりで歌う歌手がいますが、これは丹田を圧縮させているからなんです。

 

高音が上手く出ない方は取り入れてみてください!

まとめ

今回の記事のまとめです!

ボイトレすれば高音は伸びます!

まずは姿勢を良くして喉を中心に上半身はリラックス

腹式呼吸で息を吸い、笑顔を作って頭の上から声が出るイメージで少しずつ音階を上げましょう。

ヒザを前に出してお腹に力を入れると声がグッと出しやすくなります!

フィロ
私はこの練習を繰り返して地声の最高音が1オクターブ【mid2G】→【hiG】まで伸びました!

継続することで音域は必ず伸びます!

ボイトレ、頑張りましょうね!!!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA