ボイトレを半年受けた20代女性の効果!現役講師が教えます!

スポンサードリンク



フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

ボイストレーニングを半年くらい習うと、どれくらい効果が出るのか。

 

気になりますよね?

 

そんな貴方の為に、半年ボイトレを習った私の生徒・Kちゃんがどのくらい上達されたのかをお教えしたいと思います!

ポイント!

音域を伸ばしたい!という目的で入会されたKちゃん。

半年で地声の音域がラ【hiA】→ド#【hiC#】まで伸びました!

唄える曲も一気に増えて、歌に自信がつきました♪




まずは、Kちゃんのご紹介から。

 

Kちゃんは大学3年生の女の子です。

 

レッスンを習い始めて8カ月目に入りました。

 

「アニソンを歌うのが大好きだけど、地声の最高音がラ【hiA】までしか出ず、男性曲しか歌えない。」

 

「女性は大体キーを3~4つ下げて歌うけど、そうすると低音が出ず、苦しくなってしまう。」

 

「地声の高音を伸ばして、もっと楽に歌えるようになりたい!」

 

という目的でレッスンを受けることになりました。

Kちゃんが高音が出なかった原因

 

最初のレッスンでまず歌声を聴き、そこから高音が出ない原因を調べました。

 

Kちゃんは元々声質が高めで、本来ならまだまだ高音が出るはずです。

 

高音が出なかった原因のまず一つ目は、呼吸でした。

 

声の大きさの息の量で決まります。

 

Kちゃんは今までほとんど運動をしたことがなかったそうで、基礎体力があまりなく呼吸が人より浅い状態でした。

 

高音を出す為には息を沢山必要とします。

 

息を吸えるよう、身体の土台を作ることを話しました。

 

それから発声の仕方にも問題がありました。

 

高音を出そうとすると、すごく喉に力が入ってしまいます。

 

力が入ると、息の通り道が遮断されてしまうので、かすれた声になってしまいます。

 

声も喉の方に響いていて、高音の出し方自体にも問題がありました。

 

原因が分かれば、後は特訓あるのみです。

 

Kちゃんとのレッスンがスタートしました。

 

Kちゃんへのトレーニングメニュー

 

まず声を大きくする為、体感を鍛える為にに腹式呼吸の練習を多くしました。

 

筋トレと同じように、呼吸もトレーニングを繰り返すことにより、沢山吸えて強く吐けるようになります。

 

最初は大変でしたが、限界まで吐いて、吸って、、といった反復練習を家でも行うよう伝えました。

 

発声のトレーニングでは、中音と高音の基礎的な出し方から入り、喉に力を入れずに楽に出すやり方を教え、身体に覚えさせていきました。

 

高音はヘッドボイスといい、頭頂部に声を響かせます。

 

元々のクセが強かったので、最初は中々上手くいきませんでしたが、コツを掴んでからは早かったです。

 

少しずつ、音域が伸びていきました。

 

3カ月後から、レッスン回数を月2→月4へ変更!

 

3カ月が過ぎた頃から、Kちゃんの発声が変わってきて、声がよくなってきました。

 

ここから、歌い方を変えていかなければなりません。

 

歌うと、どうしてもこれまでのクセが出てしまいます。

 

次のレッスンまでの期間が開くと元の声に戻ることもあったので、

レッスン回数を月2→月4へ変更するよう提案した所、

Kちゃんも同じように考えていたようで、アルバイトの日数を多くしてレッスン代を稼ぎ、月4に増やしました。

 

ここから更に急成長!

 

月4回コースに変更してから、更にKちゃんは上達していきました。

 

レッスン以外の自主練習も頑張りました。

 

毎日、ペットボトルを使った腹式呼吸の練習をして、家でも毎日1時間、歌の練習を欠かさず行ったようで、以前のクセはほとんどなくなりましたね。

半年後には、、、!

 

半年レッスンを受けられたkちゃん。

 

音域もかなり伸びて、
最高音がラ【hiA】→ド#【hiC#】まで伸ばす事が出来ました。

 

単純にキーが4つ上がったことになります。

 

歌もクセがなくなり、すごく声が綺麗になりました。

 

カラオケでも原曲で唄える曲が増え、友達にもびっくりされるようになったそうです。

半年間で劇的に成長され、自分でも驚いていました。

スポンサードリンク



 

今後の目標は!!!

 

Kちゃんはまだまだ歌が上手くなりたい!

とやる気に満ちています。

 

今後の目標は
地声の最高音を
ミ【hiE】まで伸ばす事。

 

それから、好きな曲を全て原曲で歌えるようになることを目標に頑張っています。

Kちゃんはなぜ伸びたのか?

 

Kちゃんの半年間の伸びは早い方です。

 

それには3つの理由があります。

 

まず、1つ目回数を増やしたことです。

 

月2→月4に増やす事で、効果は2倍以上上がります。

 

レッスンで教えられたことを忘れないので、質も高まります。

 

2つ目は、教えたことを愚直に取り組んでくれました。

 

仕事でもそうですが、言われたことを素直にやる人は成長が早いです。

 

教えがいがあるので、講師もやる気になります。

 

お互いにとってプラスですね。

 

3つ目は、努力を継続したことです。

 

継続するのは大変です。

 

人間ですから時には、気持ちが沈み、やる気が出ない時もあると思います。

 

そんな時でも頑張って自主練習をしたことが結果的にすごく良かったです。

 

フィロ
ボイトレを受けているのに伸び悩んでいる方は、この3つが出来ているか、確認してみることをおすすめします!

まとめ

ボイトレを半年受けたKちゃんの効果まとめ

大学3年生の女の子。

高音を出したい!好きな曲を原曲で歌いたいという目的で入学。

半年間で半年で地声の音域がラ【hiA】→ド#【hiC#】まで成長。

レパートリーも増えました。

今後はミ【hiE】まで地声を伸ばすこと、好きな曲を全て原曲で唄えるよう頑張っています!

フィロ
以上、Kちゃんのお話でした!

ボイトレを本気で頑張れば、半年でここまで効果が出るのです!

是非、参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA