ボイトレでカラオケ上達!上手くなる方法とコツを公開!

スポンサードリンク



フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

カラオケが上手な人、カッコイイですよね!

 

上手くなると歌うのが最高に楽しくなりますし、モテます。

人気者になれます。

合コンではヒーロー決定です。

 

ストレス発散にもなるし、気分も晴れやかになります。

 

でも、どうやって上手くなるかが分からない。

という貴方の為に歌、カラオケを上達させる方法、ボイトレのやり方をお教えしたいと思います!

ポイント!
歌を上達させる為に

声量 音程 リズム の3つの基本を抑えること。

ボイトレの基本は

正しい姿勢を作ること 腹式呼吸 発声練習 の3パターン

カラオケ上達の為に

音源、楽曲を良く聞く 歌手の歌マネをする マイクを上手く使う

このポイントを抑えましょう!




歌の基本は声量、音程、リズムの3つ!

歌が上手い人は声量、音程、リズムの3要素の基本が出来ています。

 

このウチどれか一つでも欠けてしまうと、歌が上手く聞こえなくなってしまいます。

 

声量がないと、いくら歌声が恰好よくても聞いている人に届きません。

 

ただ、大きいだけが良いわけではありません。

 

うるさいだけだとジャイアンのように、うるさく耳をふさぎたくなる歌声になります。

 

曲に合わせて声量のバランスをコントロールする技術を身につけましょう。

 

また、音程がずれてしまうと聞いている人に違和感を与えてしまいます。

 

カラオケで歌っている人で音程にこだわっている人は意外と少ないです。

 

自分的には上手いと思っているけど、周りの人からの評判は今イチなんだよなー、という人は音程が悪い可能性があります。

 

音程が良い人の歌は聴いていて心地が良いです・

 

リズムも大事な要素です。

 

リズムが悪いと音符と声がずれてしまうし、せっかく良い声で歌っていてもリズム感がないと聞いていて違和感を覚えます。

フィロ
この3要素をしっかりマスターすることがカラオケ上達に必須です!

では、ここからこの基本のレベルを高めるボイトレ方法をご紹介します!

正しい姿勢で歌おう!→声量&音程に効果あり

 

歌う時の正しい姿勢は背筋がピンと伸びて、猫背にならないこと。

 

そして、肩や首に力を入れないように気をつけましょう。

 

高音を出す時に喉に力を入れようとする人がいますが、あれはNGです。

 

喉をリラックスさせておかないと良い声が出ません。

 

姿勢をよくすることで腹筋に力が入りハリのある声が出せるようになり、声量がアップします。

 

そして、腹筋以外の力を抜いてリラックスさせることで声が良く出て、音程改善につながります。

腹式呼吸をマスターしよう!→声量、音程、リズムに効果あり

歌の時は腹式呼吸が必須となります。

 

息が沢山入ることにより、声量が上がります。

 

高音域は沢山息を使うので音程改善にもつながります。

 

また、歌う前に腹式呼吸で息を吸う習慣をつけることでリズム練習にも役立ちます。

 

絢香さん、中島美嘉さんの歌声を聴いてもらえると分かりますが、歌う前に必ず息を吸っています。

フィロ
腹式呼吸は歌の基本となるので、しっかりマスターしましょうね!

こちらの記事にやり方をまとめています。

腹式呼吸のコツ&やり方&練習方法!歌が上達する♪【保存版】

発声練習をしよう!→声量、音程、リズムに効果あり!

 

声には様々な種類があり、その声を使い分けることで歌声は劇的に良くなります。

 

歌にもよりますが、低音~高音、そして裏声まで出るように基本の練習を繰り返して、歌う時には自然と出せるようになる必要があります。

 

正しい発声が身に付くと自然と声量が上がりますし、音程も良くなります。

 

音階トレーニングでリズム感を鍛えることが出来ます。

 

発声練習は自分一人で行うのは難しい部分もあるので、ボイストレーニングを習うことをおすすめします。

 

自分でまずはやってみたい!

という方はこちらの記事をご覧になってみてください。

ボイストレーニングで高音は出る!コツ、練習方法、出し方を公開!

カラオケで低音が出ない。を解決!コツ&出し方と練習方法♪

フィロ
当ブログでは、ボイトレに関する記事を沢山書いてますので是非見てくださいね!

スポンサードリンク



音源、楽曲を良く聞く→音程、リズムに効果あり!

カラオケが中々上手にならない人は、そもそも歌、音源をちゃんと聞いていない方が多いですね。

 

最近の曲は音程も非常に複雑で難しいので、良く聞いてしっかりと記憶しておく必要があります。

フィロ
適当に聞いた状態で歌うと、間違った音で覚えてしまう可能性がありますので気をつけましょう!

 

大げさに聞こえるかもしれませんが、上手い人は100回以上繰り返して音源を聞きます。

 

そうやって何回も聞く習慣をつけると耳が良くなり、結果的に歌が上達します。

 

最初は歌手の歌を集中して何度も聞き、覚えられたら今度はギターやドラム、ベースといった楽器の演奏も良く聞きましょう。

 

楽器の演奏を聴くことで音感が良くなり、リズム感も養われます。

歌手の歌マネをしよう!→発声、音程、リズムに効果あり!

 

お仕事でもそうですが、出世をする人、仕事が出来るは真似ることが上手です。

 

良い所を真似ることでスキルが身に付きます。

 

歌も同じように、歌手の良い所をマネするようにすると上達が早くなります。

私は、アマチュア時代に久保田利伸さんの歌い方、リズム感をマネして取り入れる為に1年間、毎日聞き続けた所、色々な歌い方とコツが分かるようになって一気に上達して、プロ契約を結ぶことが出来ました。

フィロ
音程も良くなるし、リズム感もつくのでモノマネはおすすめです!

カラオケ上達のコツ!マイクを上手く使おう!

 

カラオケで歌う時はマイクを通して自分の声を人に聴かせます。

 

つまり、マイクを上手に使えるようになることが
「上手い!」
と言わせるテクニックの一つとなります。

 

歌う時は、低音、裏声は声が小さくなりやすいです。

 

そういう時はマイクを口に近づけます。

 

また、声量がある人はサビで声を張る時に、うるさいと思われないように少しマイクを離して歌いましょう。

 

声量を上手くマイクを使ってコントロールするのも大事なスキルの一つとなります。

 

マイクは中心部分が一番音を良く拾うので、中心部分を口の前に持ってくるようにしましょう。

 

「あーん」とあくびのように開けてマイクをパクッと食べるような感じで持つのが良いですね。

 

後は、女性に多いのですが一番、二番と歌っていくにつれ、マイクを持つ手が疲れて来て手が下がり、マイクが口もとから離れてしまうということがあります。

フィロ
間奏の時に手を下げて休ませて、歌う時は口の前にしっかりと持っていくようにしましょう!

まとめ

今回の記事のまとめです!

ボイトレでカラオケ上達!

歌の基本である

声量 音程 リズム の3つのレベルを高めよう!!

ボイトレで正しい姿勢を作り、腹式呼吸と発声練習を繰り返し基礎力をつけよう!

音源、楽曲を良く聞くこと。

歌手の歌マネをすること。

マイクを上手く使うことでカラオケは上達します!

フィロ
ボイトレはやればやる程カラオケが上達します!是非、取り入れてやってみて下さいね!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA