ボイストレーニングで高音は出る!コツ、練習方法、出し方を公開!

スポンサードリンク



フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

質問者
高音が上手く出ないんです。出し方やコツはありますか?
フィロ
もちろん、出し方やコツはあります!

ただ、努力も必要なのでここから詳しく説明していきますね!

ポイント!

高音はヘッドボイスといって頭の上から声が出るイメージで出します!

呼吸や発声練習を習得して、出しやすい身体を作る事も大事です!




高音発声のメカニズム

 

高音は歌を唄う上で必ずといっていいほど出てきます。

 

サビでは、ほとんどの曲が高音を使います。

 

つまり、高音がキレイに出せないと歌は上手く歌えません。

 

声には大まかに分けて3種類の音色があります。

 

胸の中心辺りで響く声が低音(チェストボイス)

 

眉間辺りにある鼻腔を響かせる中音(ミドルボイス)

 

そして、高音は頭のてっぺん、つむじ辺りで響く声でヘッドボイスといいます。

 

声を出した時に頭に響きを感じることが出来ればベストですが、これが中々難しいです。

フィロ
ただ、出来るようになると音域はドンドン伸びるようになりますし、歌を唄うのが本当に楽になります!

ここでしっかりコツを掴んていきましょう!

まずはフォームから。必ず喉に力を入れずにリラックスした状態でやろう!

フィロ
それでは、ここから高音を出す為のポイントをご紹介していきますね!

高音が出ない、苦しい。

という人の大半が喉に力が入っていたり、ムダに力んでしまっているということが挙げられます。

 

唄う時は腹筋以外の力を抜いてリラックスさせるのが大事です。

 

特に、喉に力が入っていると声の通り道を塞ぐことになるので力を入れずにしておきましょう。

 

力を抜く方法としては、あまりキーの高くない曲を歌うのがおすすめです。

フィロ
男性だと福山雅治さん、女性だとAIさんの楽曲はキーがあまり高くなく歌いやすいのので練習曲には良いですよ。

スポンサードリンク



腹式呼吸をマスターしよう!

 

唄う時、特に高音を出す時には息の量が沢山必要になります。

 

普段の会話では胸式呼吸を使うことがほとんどですが、歌の時には息が足りずに苦しくなる原因となります。

 

これを機に腹式呼吸を自然に使えるようになりましょう。

 

詳しいやり方はこちらの記事をご覧ください。

腹式呼吸のコツ&やり方&練習方法!歌が上達する♪【保存版】

リップロールで声帯のストレッチをしよう!

 

リップロールは唇をブルブルブルブル・・・

と震わせながら声を出すトレーニングです。

 

唇と声帯の筋肉を温めて伸ばすことができるので、歌う前の準備運動に最適です。

 

高音~低音と音を変えながら出すと声帯がスムーズに動くようになります。

 

やり方はこちらに詳しく書いていますのでご覧ください。

リップロールのやり方&コツ&練習方法!上手くできない人必見!

高音の出し方

フィロ
ここから高音の出し方をお話しますね!

 

高音は頭の上から声が出るような感じで出します。

 

課題曲のサビをアカペラで唄うと高音に集中出来て良いです。

 

まずは、腹式呼吸で息を吸います。

 

お腹に空気が入ったら、腹筋に力を入れます。

その時に、腹筋以外の力、時に首肩のリラックスさせておきましょう。

 

そして、頭の上から出るイメージで唄います。

 

平井堅さんがサビを歌う時、手を上に挙げていますよね?

 

あれは高音を出しやすくするイメージなのでマネしてやってみるのもおすすめです!

高音を出しやすくするコツ!

コツは2つあります。

 

まず、笑顔で唄いましょう。

 

笑う時は声が高くなりますよね?

 

それを応用して口角を上げて笑顔で歌うと気持ちよく声が出ます。

 

 

次に、あごを少し上にあげます。

 

下を向いていると高い声は出にくくなります。

 

歌手の皆さんも高いキーは上を向いて歌っていますよね?

それを取り入れます!

ボイストレーニングで音域は伸びます!

上記練習を繰り返すことで高音域はドンドン伸びます。

 

最近の曲はキーが本当に高いですよね。

 

あれは、プロの歌手が常にボイストレーニングで声の訓練をしているからです。

 

サッカー選手がボールを遠くに蹴ることができるのは毎日練習をしている。というのと同じ原理です。

 

出し方が合っていれば音域は伸びますので諦めずにトライしてくださいね!

まとめ

今回のまとめです!

高音の出し方、コツ

まず大前提として正しいボイストレーニングを行えば高音域は伸びます。

リラックスした状態で腹式呼吸をする

→腹筋に力を入れて声は頭の上から出すイメージで!

笑顔であごを上げるのがコツです。

最初は唄いやすくあまり高くない曲のサビをアカペラで練習するのがおすすめです!

フィロ
高音がキレイに出ると、本当に歌うのが楽しくなります!

今回紹介した練習方法を是非取り入れてみてくださいね!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA