ボイストレーニングは独学でも上達する?疑問にお応えします!

スポンサードリンク




フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

ボイストレーニングは独学でも上達しますか??

 

という質問を受けることが最近よくありますので、今回は私の見解をお伝えしたいと思います!

結論

独学でも上手になれる人、なれない人に別れます。

私はなれない人だったので、ボイトレスクールに通いました。

ただ、今は情報が多いのでまずは本や当ブログを見て自分で練習して、ダメだったらボイストレーニングを受講するのが良いと思います。




独学でも上手になる人はいます!

 

独学でも歌が上手くなる人はマネをするのが上手な人です。

 

プロのボーカリストが全員、ボイストレーニングを受けているわけではありません。

 

そういう人達は、今売れている曲や歌手の歌声を繰り返し聞き、発声を真似しようと努力をします。

 

モノマネタレントさんは歌が上手い人が多いですが、細かく歌手の歌い方や特徴を掴んでいるからです。

 

今はCDのみならず、Youtubeでプロの歌をすぐに聞くことができますので勉強するには最適な環境が揃っています。

 

それを真似すればいいのですが、聞いて自分の物にできる人は相当な天才肌でセンスのある人です。

 

普通の人は中々難しいですね。。

フィロ

私も、自分で頑張ってみましたが、独学では限界がきたのでボイストレーニングに通いました。

一旦自分で独学で練習してみるのもアリです!

 

今はインターネットや本でボイストレーニングについて調べることがすぐできます。

 

カラオケも日本全国にあり、ボイトレをする環境は整っています。

 

ボイストレーニングを受けるとレッスン代を支払わなければなりません。

 

講師もボランティアで教えているわけではありませんので。

 

まずは、自己流でできる所までやってみるのも良いと思います。

独学でのトレーニング方法!

フィロ
それでは、ここから独学でのボイストレーニング方法を簡単に紹介しますね。

※本格的なトレーニング方法は別記事でご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



基本は、ストレッチ→腹式呼吸→リップロール→発声練習→歌を唄う(録音する)

という流れで行いましょう。

 

ストレッチは肩、首、背中、腰の順番に良く伸ばすようにしましょう。

筋肉をほぐし、息が通りやすいカラダを作ります。

 

次に、腹式呼吸の練習です。

息を吐いて、吐ききったらお腹が膨らむように息を吸います。これを何度か繰り返します。

 

続いてリップロール。

唇をブルブル、、、と震わせるトレーニングです。

リップロールをしながら高い音、低い音を交互に繰り返します。

 

今度は発声練習です。

お腹に力を入れて、低音、中音、高音をそれぞれ

「ハイッ!」と言いながら繰り返すトレーニングを行います。

 

ここまで来たら、実際に歌を唄って録音して、自分で聞いて改善をする、、を繰り返しましょう。

 

歌の基本は音程、リズム、声量です。

 

まずはこの3つのポイントに問題がないか聞き、修正することで上達します。

この基本ができてから、ビブラートやフェイクといったテクニック練習を取り入れていきましょう。

独学で気をつけるポイント!

 

まずは、フルコーラスではなく、一番を繰り返し練習するようにしましょう。

これは私の実際のレッスンにも取り入れています。

一番を基本通り歌えるようになってから、フルコーラスと進んだ方が効率よく実力がつきます。

 

次に、一回の練習時間は短くてもいいので毎日やりましょう。

今日は、5時間やったから、一週間さぼろう。

というのはあまりおすすめできません。

歌は唄えなかったとしても、基本の練習は毎日行うことで歌に必要な筋肉が発達し、上達を後押ししてくれるようになります。

 

最後に。歌、発声練習の時に喉に力を入れないようにすること。

私の元にも自己流でやって、伸び悩んだ方がレッスンに来るのですが喉に力を入れて歌う人が本当に多いです。

 

これは声がかすれたり喉を傷める原因になり、力みのある苦しい声になってしまうのですぐに止めましょう。

 

力が入ったら、一旦ストップして、リラックスした状態でもう一度やり直すようにしてください。

 

まずは自分で練習して、それからボイトレを受けるのがおすすめ!

 

一旦、自分で調べて練習して、それでも上手くいかなかったらスクールに通うのが一番効率的です。

 

何にも知らないまま、ボイストレーニングを受けても講師の専門用語が頭に入らず、効率が悪くなります。

 

例に例えると、

アナタがポルトガル語を習得する為に何の準備もせずにポルトガル留学にいくのと、

本などで一通り勉強して多少の知識をつけてからだとどちらが上達するでしょうか?

 

間違いなく後者ですよね?

 

レッスンで高音のトレーニングをする時に、
ヘッドボイスという言葉を知っているだけで、理解度は深まります。

 

私の生徒さんでも、何にも知らない人より、多少勉強をしたことがある人の方が覚えがやっぱり早いですね。

 

というわけで、まずは習う前に本などで少しでも勉強することをおすすめします。

フィロ
今回は簡潔に紹介しましたが、ストレッチ→腹式呼吸→リップロール→発声練習→歌を唄う(録音する)

これがきちんとできれば上達しますので、まずはやってみてくださいね!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA