カラオケで声が震える。。その原因と解決法&練習方法まとめ!

スポンサードリンク




フィロ
こんにちは!

現役ボイストレーナーのフィロです。

 

カラオケで声が震えて上手く歌えないんです。。

 

という生徒さん、かなり多いです。

 

私も昔はライブの時、声が震えて上手く歌えなかった時がありましたが、ある練習方法を継続して行った所、全く震えなくなりいつでもどこでも自信を持って唄えるようになりました。

 

今回は、その原因と解決する為の練習方法をご紹介しますね!

フィロ

震える原因は、

1.緊張して身体が硬くなっている。2.息が浅い。3.発声が弱い。

練習方法は

1.ストレッチ 2.腹式呼吸 3.ロングトーン 4.ひたすら唄って練習

この4つのトレーニングで克服できますよ!




そもそもなんで声が震えるの??

 

普段の会話の声は震えないのに、なぜか歌うと声が震えてしまう。

 

その大きな原因の一つに緊張している。

 

ということが挙げられます。

 

緊張して顔、身体がこわばり、筋肉が固くなると声の出が悪くなり、震えてしまいます。

 

また、身体が硬直すると息の通りが悪くなり、呼吸が浅く息が足りなくなって歌うのが苦しくなってしまうんですよね。

 

最後に、発声自体が弱いという可能性があります。

 

息が声帯を通じて声に変わります。

声帯も筋肉なので、普段出していない音域は声帯の筋肉も弱くなります。

 

歌で使う音域と話す時に使う声色には差があります。

歌で必要なのは高音域ですが、普段の会話ではそんなに使うことはありません。

 

結果、声帯の筋肉が弱いせいで

声が上手く出ない。

声が出ずらい。

といった状態になります。

 

しかし、これらはトレーニング次第で解決することができます。

 

貴方と同じくプロの歌手も緊張します。

 

でも、声が震えている人は見たことはないですよね?

 

これは発声が安定しているからです。

 

この方法を身につければ、貴方も声が震えることなく堂々と唄えるようになります。

フィロ

では、ここから発声を安定させるためのトレーニング方法をご紹介したいと思います!

緊張からくる身体の硬さを取るストレッチをやろう!

 

唄う時は上半身の筋肉をほぐすのがすごく大事です。

 

足が震えていても、上半身が安定していれば声は出ます。

 

特に、腰、背中、首、肩に力が入ると腹式呼吸が出来なくなるので、

 

前屈、背伸び、肩回し、首回しを入念に行ってください。

 

私は前屈~首回しまでの流れを歌う前は2~3分取ります。

これで身体が温まり、緊張がほぐれますよ!

フィロ
ポイントは首、肩は大きく回すこと!血行が良くなり身体の力がよい感じで抜けていきますよ!
スポンサードリンク



腹式呼吸を取り入れよう!

 

腹式呼吸は、緊張緩和にも役立ちます。

 

また、呼吸が深くなるので息が浅く、声が震えてしまうという原因を解決してくれます。

 

基本は上半身の力を抜いて、息を吸う時は鼻から。
その時に胸、肩が上がらないように気をつけましょう。
お腹が膨らめばOKです。

 

今度は息を吐く時にスーッと音を立てながら吐いていきます。

フィロ
この時に姿勢が崩れないよう気をつけてください

 

息を全部吐ききったら止めましょう。

 

そして、またお腹をゆるめてゆっくりと息を吸います。

 

これを繰り返して、身体に身につけていきましょう。

 

慣れたら口からも吸えるようになるといいですね!

腹式呼吸のやり方について、詳しく知りたい方ははこちらの記事をご覧ください。

腹式呼吸のコツ&やり方&練習方法!歌が上達する♪【保存版】

リップロールで声帯をマッサージしよう!

 

リップロールは唇をブルブル、、、

と震わせる発声方法です。

 

これは声帯の筋肉を温めることが出来、唇、喉をリラックスさせる効果があります。

 

まずはブルブル、、、といける所まで長く吐きます。

 

さっきの腹式呼吸と同様にこれを何度か繰り返します。

 

 

慣れてきたら、今後はリップロールで声を出しながら
「かえるのうた」を歌ってみましょう。

最初はちょっと難しいですが、リップロールは声帯を痛めることなく鍛えることができますので声が震えてしまう方にすごくおすすめです。

フィロ
慣れてきたら、リップロールで課題曲を歌う練習をやりましょう!全部唄えるようになる頃には震えも大分取れてきますよ!

ロングトーンで声を安定させよう!

 

声が震える原因の一つに、声帯の筋肉が弱く息が漏れやすい。

といったことが挙げられます。

 

声帯の筋肉を鍛えることで、声は力強く、安定します。

 

練習方法は単音で息がなくなるまで声を出すこと。

 

比較的出しやすい中音、高音の音を鍵盤で弾きながら、

「あー」

と息がなくなるまで伸ばし続けます。

この時に腹筋に力を入れて声を出す事で腹式発声が同時に身に付きます。

フィロ
声帯を鍛えるのにロングトーンは非常に効率的です!
是非、練習してみてください!

唄い慣れて度胸をつけよう!

 

最後は精神論になりますが、人前で唄うことにドンドン慣れましょう!

 

人前で歌うのは最初は緊張しますが、慣れると普通になっていきます。

 

例えば、初めての職場で仕事をする時は緊張したと思いますが、半年もすると普通になりますよね?

 

それと同じで歌を習慣づけていくのが大事です。

 

最初は一人でもいいのでまずは週に1.2回カラオケにいく。

→今度は仲の良い友人を誘って歌いにいく。

→比較的人数の多い環境で唄う。

とステップアップすることで歌が苦手。を克服することができますよ!

まとめ

では、今回のまとめです!

ポイント!

声が震える原因は緊張からくる身体の硬さ、息の浅さと発声の不安定さが挙げられます。

これを改善する為に歌う前は

ストレッチ→腹式呼吸→リップロール→ロングトーンの発声練習→歌う事に慣れる!

フィロ
継続すれば力はついてきます!
頑張りましょうね!!!
スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA